<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-【感想】

海道左近さんの『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』を2017年1月19日時点で公開中の236話まで読了したので感想まとめ。

(236話時点/1,566,236文字)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-
 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力// 無料オンライン小説です

ちなみに本作、HJ文庫で2章相当の内容まで書籍化されています。書籍版の感想は↓。

インフィニット・デンドログラム(1)【感想】
インフィニット・デンドログラム(1)【感想】
【総合評価:S】『小説家になろう』で連載中、海道左近さんの『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』の1巻を読了したので感想まとめ。
インフィニット・デンドログラム(2)【感想】
【総合評価:S】『小説家になろう』より書籍化した、海道左近さんの『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-(2)』の感想をお届けします。

あらすじ

 2043年7月15日、各々のプレイヤーによって千差万別、否、“無限”のパターンの進化を辿る独自のシステム<エンブリオ>を有するダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>が発売された。

それまでのVRMMOが実現できず、技術的に不可能とされてきた要素を備えていた<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻した。

<Infinite Dendrogram>の発売から一年半後。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年「椋鳥玲二」は、長い受験勉強の終了を記念してかねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を始めるのだった。

これは世界か、遊戯の話。

そして思い出の物語である。

―『小説家になろう』の作品ページより

項目点

文章 8点
ストーリー 9点
独自性 9点
キャラ 9点
満足度 9点

合計:44点/50点満点

感想

ダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>という架空のゲームが舞台となる本作。

ゲームの特徴は、プレーヤーの経験や考え方が反映された<エンブリオ>。人によって、武器だったり、乗り物だったりと様々。

各キャラごとに特徴的(象徴的)な<エンブリオ>が登場するため、そのキャラが大切にしているものが何なのかがひと目で分かり、そのキャラもイキイキとしている。

さらに、各章の「起・承・転・結」がしっかりと練られているので、だんだんと盛り上がっていき、最後に主人公がビシっと決めるまで、一気に読みたくなる良作。

また、ストーリー全体を通して感じられる主人公の特徴が「可能性がある限り諦めない姿勢」というのも◎。

バトル系に特有の、ギリギリのところで根性で勝ち切る姿勢は、読んでいて本当に楽しくなる。

今はまだ、書籍化とコミック化のみだが、将来的にきっとアニメにもなるのではないだろうか。

本編にあたる内容が5章、サイドストーリー的な内容が8章と、ボリュームも充分なので、「ゲームが好きで、『小説家になろう』でなんか面白い作品無いかな~」と思っている人なら、間違いなく満足できるものと思われる。

総合評価

【S】

書籍版とWeb版にストーリー上の大きな変更点は無い。余分な表現やストーリー展開が削られている分、書籍版の方が読みやすくはあるが、Web版でも充分に面白い。

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-
 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力// 無料オンライン小説です

シェアする

フォローする