月が導く異世界道中(1)【感想】

もともとは『小説家になろう』で連載していたが、書籍化&なろうの規約変更で『アルファポリス』へ移籍したあずみ圭さんの著書。

書籍版の1巻を読了したので感想まとめ(ネタバレあり)。

あらすじ

第5回ファンタジー小説大賞読者賞受賞作、待望の書籍化!

アルファポリス「第5回ファンタジー小説大賞」読者賞受賞作!!

薄幸系男子の異世界成り上がりファンタジー!平凡な高校生だった深澄真は、両親の都合により問答無用で異世界へと召喚された。しかもその世界の女神に「顔が不細工」と罵られ、最果ての荒野に飛ばされてしまう。

人の温もりを求め荒野を彷徨う真だが、出会うのはなぜか人外ばかり。ようやく仲間にした美女達も、元竜と元蜘蛛という変態&おバカスペック……

とことん不運、されどチートな真の異世界珍道中が始まった――!!

―アルファポリスの商品ページより

項目点

文章 6点
ストーリー 5点
独自性 7点
キャラ 6点
満足度 5点

合計:29点/50点満点

感想

地球の神に出会って事情の説明を受けた後、召喚先の女神に会ってみたら「あんたブサイクだから加護もやらないし世界の果に飛んでね」と塩対応。

地球の神様はすごくいい人で、「勇者は別で召喚されたっぽいし、新しい世界で自由にして良いよ」とお墨付きをもらった主人公は、のんびりと異世界を旅することに。

地球の神の加護がめちゃくちゃ強力なため、基本的には「俺TUEEE系」。

異世界召喚を受けたときにもらえる言語理解が「人間の言葉だけは聞いたり話したり出来ない」等、面白そうな設定が散りばめられている。

ただ、まだ序盤だからか物語の展開が唐突で、旅の目的がいまいちはっきりせずに時々置き去りになることも。

他で召喚された地球人との出会いや、カンストに近い主人公や仲間の強さに対して、どうやって物語を盛り上げていくか(ピンチを演出していくか)など、今後の展開に期待

総合評価

【B】

2017年1月10日現在、すでに10巻まで発刊している=それなりの数のファンがいることを考えると、今後、どんどんおもしろくなっていくものと予想。

第1巻だけでは、「あれ?これで終わり??」となるかもしれないので、ある程度、Web連載版を読んでみてから購入することをおすすめする。

月が導く異世界道中

シェアする

フォローする