フェアリーテイル・クロニクル(3)【感想】

『小説家になろう』では完結済み、埴輪星人さんの『フェアリーテイル・クロニクル』の3巻巻を読了したので感想まとめ。

あらすじ

大人気VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』によく似た異世界に飛ばされてから二カ月。クラフト職人・東宏(あずま・ひろし)とパートナーの藤堂春菜(とうどう・はるな)は、これまでの王室への功績が認められ、他のメンバー達とともに城で国王から歓待を受けていた。

一方、第四王女・カタリナとその側近・バルドは、度重なる作戦の失敗に業を煮やしていた。

「あの忌々しい者達……特にあの宏という男さえいなければ……」

大国ファーレーンを震撼させる大事件、その足音は間近まで迫っている――。

いよいよファーレーン編完結となる第三巻! いかにも重そうでシリアスな単語が並びつつも、そこは安定の“フェアクロ”クオリティ。宏達のマイペースっぷりは変わらない!

―MFブックスの商品ページより

項目点

文章 6点
ストーリー 6点
独自性 5点
キャラ 6点
満足度 6点

合計:29点/50点満点

感想

結局、3巻を費やしてのファーレーン編。

1巻~2巻と引っ張ってきた、黒幕との大規模戦闘がメイン。ファーレーン編完結ということで、これまでの中では一番読み応えがあった。

最終的に、主人公の一種の覚醒により、ビシッと決着をつけることが出来ているのも◎。

ただし、細かいイベントが発生し、かなりの紆余曲折を経験している主人公たちではあるものの、異世界に転移してきて2ヶ月、最初の街で進行したイベントの最後のボスにしては、かなり強かった(バランスが悪かった)のでは?という気もする。

また、後半の3分の1は「後日談」なのだが、戦後処理というよりは、主人公たちが次の街へ旅立つまでの日常パートといった印象なので注意。

それにしても、一区切りつけるまでに3巻、というのは、ストーリー展開のスピード感をもとめる人にとっては辛い長さかもしれない。

もともとネット小説で章ごとの文章量がわかっているのだから、「ファーレーン編・前編」みたいなサブタイトルをつけても良かったのではないろうか?

総合評価

【B】

「俺TUEEE!系」ほど無双するわけでもなく、「成り上がり系」ほど苦労するわけでもないため、ストーリーに「テンポ(盛り上がり)」を求める人にはちょっと退屈かも?

逆に、日常パートにおける「雰囲気(生活感)」を重視する人には、しっかりと読める作品な印象。

シェアする

フォローする