インフィニット・デンドログラム(2)【感想】

『小説家になろう』で連載中、海道左近さんの『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』の2巻を読了したので感想まとめ。

また、HJ文庫でもイチオシの作品ということで特設サイトもあります。

インフィニット・デンドログラム特設サイト
HJ文庫が贈る大型企画。各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>。「小説家になろう」でVRゲーム部門で1位を獲得した話題作!

あらすじ

子供をさらう山賊団を退治せよ!!

決闘都市ギデオンへと辿り着いたレイは、手に入れた特典防具の性能実験をしたり、ガチャを引いたりしながら自らの能力向上に努めていた。

そんな中彼は、ギデオン周辺で最近子供を攫う非道な組織『ゴゥズメイズ山賊団』がはびこっていることを知る。偶然知り合ったプレイヤー・ユーゴー、キューコと共に、子供の救出と山賊団の討伐へと向かうレイ。そこにはまたしてもイレギュラーな事態が待ち受けていて――!!

超人気VRMMOファンタジー、待望の第2巻!!

―HJ文庫の商品ページより

項目点

文章 8点
ストーリー 8点
独自性 9点
キャラ 8点
満足度 8点

合計:41点/50点満点

感想

装備を調達したり、レベル上げをしていた主人公は、ある日、路地裏で「5人の男が女性を囲む」テンプレ展開に遭遇。どうやら、女性の弟が男たち『ゴゥズメイズ山賊団』にさらわれたとのこと。

たまたまその場に居合わせたプレイヤー・ユーゴー&キューコと共に、子供の救出と山賊団の討伐へと向かう主人公は、もうすぐ超級に届こうとする山賊団のTOP2と戦うことになる。

圧倒的な格上相手に、持てる力を絞り出して戦うのかと思いきや、装備やスキルの相性の問題で意外とあっさりとBOSSを倒す。

これで大円団かと思いきや、倒したはずの敵が……と、状況が二転三転するストーリーバランスは1巻に引き続き見応え充分。

また、本巻においては、主人公レイの特性=TYPE:メイデンのマスターとなる人間の共通点が明らかになる。

それは「インフィニット・デンドログラムをゲームだと思っていない」ということ。NPCを1つの命として、「助けたい」「守りたい」と思っている。だからこそ、死力を尽くして敵と戦える。

そんな主人公だからこそ、彼の感情の発露に共感することができるし、決め台詞がよりいっそうカッコ良く見える。

ストレスが溜まっている人、勉強や仕事のモチベーションが上がらない人にぜひ読んで欲しい、爽快感あふれる良作。

総合評価

【S】

1巻に引き続き、ストーリーの「起・承・転・結」がしっかりと練られていて、安心して読むことができる

ゲーム好きな人、盛り上がる展開が好きな人にとっては、間違いなくおすすめのシリーズといえるだろう。

シェアする

フォローする