インフィニット・デンドログラム(1)【感想】

『小説家になろう』で連載中、海道左近さんの『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』の1巻を読了したので感想まとめ。

また、HJ文庫でもイチオシの作品ということで特設サイトもあります。

インフィニット・デンドログラム特設サイト
HJ文庫が贈る大型企画。各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>。「小説家になろう」でVRゲーム部門で1位を獲得した話題作!

あらすじ

君が望んでいた冒険がここにある――

各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。

大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を起動する――。

―HJ文庫の商品ページより

項目点

文章 8点
ストーリー 9点
独自性 9点
キャラ 8点
満足度 9点

合計:43点/50点満点

感想

本作の特徴は「世界観の練り込み」と「可能性」。

舞台となるのはソードアート・オンラインに代表されるダイブ型(完全没入型)VRMMOのオリジナル作品。

プレーヤー1人1人のリアルスキルや考え方に合わせて生まれる<エンブリオ>というサポート能力は、武器や防具、道具などのTYPE:アームズや、プレーヤーが登場する乗り物型のTYPE:チャリオッツなど、千差万別。

7つの国やそれぞれのキャラを特徴づける<エンブリオ>など、『小説家になろう』で連載していた=素人が考えたとは思えないしっかりとした世界観。

また、主人公の性質も「まさしく主人公」。

どんなに絶望する状況であったとしても、逆転の可能性が1%でも有るのならその困難に立ち向かっていく。

1巻の中でも、<エンブリオ>を手に入れるまでの序盤の戦闘、<エンブリオ>を成長させるための終盤の戦闘それぞれに、可能性を掴み取るためにあがくヒーローの姿が見事に描かれている。

今後の展開が非常に楽しみな良作。

総合評価

【S】

Web連載版と書籍版の違いは、ストーリー展開においてはそこまで大きくはない。

ただし、余分な表現が削られるなど読みやすくなっているとともに、オリジナルの世界観を補完するための挿絵の効果が非常に大きい。

いきなりWeb連載版を読むより、書籍版を読んでからの方がより一層、楽しむことができるものと思われる。

シェアする

フォローする